デントリペアで使用されるライトについて

query_builder 2021/12/17
コラム
13

車をぶつけてしまうと、ボディなどにへこみ傷がついてしまうことが多いです。
へこみを修理する方法として、デントリペアというものがあり、ライトで照らしながら作業を行います。
ここでは、デントリペアで使用するライトについて説明します。

▼デントリペアとは
デントリペアとは、ボディなどにできたへこみを特殊な工具を使用して修理する方法です。
しかし、塗装が剥げてしまった箇所の修理は難しいので、違う方法を用います。
デントリペアは、短時間で綺麗に直すことができるので、鈑金塗装で修理する場合と比較すると、低価格で設定されていることが多いです。
また業者によっては、買取審査で修理車と区別できないほど、綺麗に修理してもらえるところがあります。
デントリペアを行う際に、専用の道具だけでなく、ライトが必要不可欠な道具になります。

▼なぜ、ライトが必要なのか
デントリペアはボディの高低差を確認しながらへこみを直します。
作業箇所が暗い状態で修理を行うと、適宜確認しながら作業を行っても、仕上がりが綺麗にならないことが多いです。
そのため、ライトを使って作業箇所を明るく照らす必要があります。

▼どのようなライトが適しているか
・自立するスタンドが付いているもの
・角度や高さを調整できるもの
・広範囲を照らすことができるもの
・ライトの色は昼白色のもの

▼まとめ
デントリペアは短時間・低価格・高品質で修理が可能です。
綺麗に仕上げるためには、ライトが必要不可欠です。
作業しやすいライトを選び、使用しましょう。
弊社では車のへこみのデントリペア修理も対応しています。
デントリペアを検討されている方は、ご相談ください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02
  • 飛び石でついたガラスの傷にはどう対処すればいいの?

    query_builder 2024/03/01
  • 車の修理にリサイクル部品を使用するメリットとは?

    query_builder 2024/02/03
  • 洗車で車に傷がつく原因とは

    query_builder 2024/01/05

CATEGORY

ARCHIVE