トラブルで車が傷ついてしまった時の行動と対策

query_builder 2022/01/22
コラム
20

車のトラブルは、相手と揉めることにならないか心配ですよね。
今回は、トラブルで傷をつけられてしまった場合の行動と対策をご紹介します。

▼車を傷つけられてしまったら
知らない間に車を傷つけられてしまった場合は、すぐに警察に連絡し、被害届を出します。 
被害届を出さないと、防犯カメラの確認などで警察が動いてくれません。
また傷つけた相手がその場にいる場合も警察に連絡し、第三者に立ち会ってもらいましょう。
その後、保険会社に連絡し、その旨を伝えます。
車に付けられた傷の修理に保険を使用するのかは、あとで担当者と相談して決めましょう。

■自分が傷つけてしまったら
自分が傷つけてしまった場合も、相手に事情を説明し、警察に連絡しましょう。
その場から逃げてしまうとトラブルの原因になります。

■車に傷をつけられる前の対策
ドライブレコーダーを付けておくと、録画された映像が手掛かりになる場合があります。
駐車場にセンサーライトや防犯カメラを付けておくと、いたずらの抑止になります。
またカーセキュリティーは、車の異常に対しサイレンが鳴るのでとても効果的です。

■傷の修理
ついてしまった傷は、なるべく早めに修理しましょう。
傷をそのままにしておくと、塗装の機能が働かなくなり、錆びて劣化が進んでしまいます。

▼まとめ
傷つけられてしまったら、警察と保険会社に連絡しましょう。
また、傷をつけられる前の対策も効果的です。
株式会社ボディショップKでは、車の傷の修理を行っております。
保険修理や事故相談も対応しますので、気軽にご連絡ください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • 塗装の経年劣化について

    query_builder 2024/07/05
  • 車に関するトラブルについて

    query_builder 2024/06/03
  • 車両保険の請求の流れについて

    query_builder 2024/05/01
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE