バンパー割れを接着剤で直す方法

query_builder 2022/04/01
コラム
29

割れたバンパーの修復方法は何種類もあり、自分で直す場合はどの手段を選べば良いかに悩みがちです。
この記事では、接着剤を使ったバンパー割れの直し方やメリットについてご説明します。

▼割れたバンパーを直す方法
割れたバンパーを自分で直す方法は3つあります。

・パテ
・テープ
・接着剤

パテは、塗装の必要もなく手軽ですが、車の色と合わないと目立ってしまいます。
テープは一番手軽な方法ですが、見た目があまり良くありません。
接着剤なら、上から塗装することもできるので、割れた箇所を自然に修復することができます。


▼割れたバンパーを接着剤で直す方法
小さなひび割れでしたら、自分で修復することが可能です。
バンカーはひび割れが起こりやすい部分なので、道具を準備しておくと便利です。

■用意するもの
必要な道具は、全てホームセンターで購入することができます。

・ヤスリ
・マスキングテープ
・車専用の接着剤
・ヘラや綿棒

▼修復方法
①割れた部分をヤスリで整える
バリや凸凹をヤスリで削ります。

②接着剤を塗る
説明書に従って接着剤を混ぜて、割れた部分に塗ります。

③マスキングテープで固定する
接着剤が固まるまで、マスキングテープで固定します。

④仕上げに塗料を塗る
割れた部分が目立って気になるようでしたら、上から塗料を塗ります。

▼まとめ
バンパー割れの修復方法は、パテ・接着剤・テープの3種類があります。
自分で修復する場合は、作業が簡単で上から塗装ができる接着剤がおすすめです。
道具もホームセンターで揃えることができるので、是非挑戦してみてください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • 塗装の経年劣化について

    query_builder 2024/07/05
  • 車に関するトラブルについて

    query_builder 2024/06/03
  • 車両保険の請求の流れについて

    query_builder 2024/05/01
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE