ヘッドライトの交換方法

query_builder 2022/07/15
コラム
38

車のヘッドライトは、夜道を照らし、安全に運転するために必要不可欠です。
ヘッドライトが故障したまま走行することは大変危険なので、早急に交換しましょう。
この記事では、ヘッドライトを自分で交換する方法についてご説明します。

▼ヘッドライトについて
ヘッドライトには、本体と球の2つに分類することができます。
本体に傷がついてしまった場合は、ヘッドライトカバーの交換が必要です。
電気がつかない場合や暗い場合は球の交換が必要です。

■球の種類
ヘッドライトの球には3つの種類があります。

①ハロゲン
一番安価で一般的な球です。

②HID
ハロゲンよりも寿命が長く、発熱が少ないのが特徴です。
交換が難しく、工賃が最も高い球です。

③LED
3つの中で一番寿命が長く、発熱も少ない球です。

▼ヘッドライトを自分で交換する方法
球交換の場合は、自分で行うことができます。
本体交換の場合は必要な道具も多く、作業がおおがかりになります。
したがって、カー用品店やガソリンスタンド・ディーラーに依頼することをおすすめします。

■球交換の手順
①コネクターを外す
ボンネットを開け、ヘッドライトユニットを探し、ヘッドライトコネクトの先端にあるコネクターを外します。

②バルブ裏のゴムカバーを外し、新しいバルブを取り付ける
水やホコリが入らないように、注意しながらバルブの交換をしストッパーで固定します。

③ライトが点灯するか確認
コネクターを付けて、ライトがきちんと点灯するか確認します。

▼まとめ
ヘッドライトの交換には、本体と球の2つに分類することができます。
本体の交換は、必要な道具も多く作業が難しいため、カー用品店などに依頼することをおすすめします。
その場合は是非、株式会社ボディーショップKへお越しください。
お客様の愛車にピッタリと合うヘッドライト交換をさせて頂きます。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • 塗装の経年劣化について

    query_builder 2024/07/05
  • 車に関するトラブルについて

    query_builder 2024/06/03
  • 車両保険の請求の流れについて

    query_builder 2024/05/01
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE