ヘッドライトカバーの役割とケアの仕方

query_builder 2022/09/01
コラム
41

ヘッドライトカバーには、ただヘッドライトをカバーするだけでは無く、さまざまな役割があります。
今回はヘッドライトカバーについてお話しします。

▼ヘッドライトカバーの役割
ヘッドライトカバーとは、カバー自体にライトの明るさを増やす効果があり、さらに照射範囲を拡散するなど役割を担います。
つまり、ヘッドライトカバーが割れたり汚れたりするだけで、車のライトの明るさなどに影響を及ぼしてしまう可能性があります。

▼ヘッドライトカバーの交換
ヘッドライトのカバーは交換しなければならない場合があります。
ヘッドライトカバーの破損、黄ばみが生じた時は交換する必要があります。

■破損
ヘッドライトは車を運転するうえで最も大事な部分といえます。
ヘッドライトカバーが破損しただけでも、ライトの照らす明るさに大きな影響を与える可能性があるため、必ず交換します。

■黄ばみ
ヘッドライトカバーも経年劣化により、黄ばみや汚れが目立ってきます。
軽い黄ばみや汚れであれば、専用の洗剤や道具を使ってキレイにする事もできます。
素人では落とせないほどの黄ばみや汚れであれば、業者に依頼すると良いでしょう。
しかし、そのまま放置してしまうと、内側まで黄ばみや汚れが入ってきます。
その場合、ライトの明るさなどに影響を与える事もあり、検査などにも通らない可能性も出てくるためカバーごと交換をしなければなりません。

▼まとめ
ヘッドライトカバーにはライトを照らすための重要な役割があります。
また劣化するものでもあるためこまめにチェックし、問題ないかを確認するようにしましょう。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • 塗装の経年劣化について

    query_builder 2024/07/05
  • 車に関するトラブルについて

    query_builder 2024/06/03
  • 車両保険の請求の流れについて

    query_builder 2024/05/01
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE