ヘッドライトの殻割りとは

query_builder 2022/09/15
コラム
42

ヘッドライトには、殻割りという作業があります。
今回は、ヘッドライトの殻割りについてお話しします。

▼殻割りとは
ヘッドライトの殻割りとは、ヘッドライト本体とレンズを分解する事をいいます。
車をカスタムしてドレスアップをしたり、補修する時などにヘッドライトの殻割りを行います。
DIYで行う方もいらっしゃいますが、素人がやってしまうとレンズが割れるなどの失敗もあるため注意が必要です。

▼殻割りの方法
殻割りをするには温めて殻割りする方法があります。
レンズと本体を接着している部分を温め、柔らかくしてから分解します。
車種によってはこの方法で殻割りできないものもあるため、確認しておきましょう。
また、殻割りしたら、元に戻す殻閉じという作業を行なわなければなりません。
殻閉じができずに失敗するケースもあるため、殻割りを行う場合は殻閉じの仕方も知っておきましょう。

▼殻割りでできるカスタム
殻割りをする事で、ヘッドライトをカスタムしたり、補修ができます。
例えば、LED加工やクリスタル加工、塗装をしたりとさまざまなカスタムができます。
さらに黄ばみや汚れの除去をする事もできるため、ヘッドライトの明るさにも良い影響を与えます。

▼殻割りの失敗
殻割りでは加熱しすぎてヘッドライトカバーを溶かしてしまったり、無理に力を与えて割ってしまったりといった失敗があります。
そうならないよう、注意しながら行わなければなりません。
しかし、万が一失敗してしまった場合は、本体ごと交換をしなければなりません。
失敗のリスクを考え業者に依頼する事も選択肢の一つでしょう。

▼まとめ
殻割りをする事で、ヘッドライトのカスタムや補修などさまざまな事が可能になります。
しかし失敗のリスクもある事も知っておき、自分で行うか業者に依頼するかを判断しましょう。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • 塗装の経年劣化について

    query_builder 2024/07/05
  • 車に関するトラブルについて

    query_builder 2024/06/03
  • 車両保険の請求の流れについて

    query_builder 2024/05/01
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE