洗車で車に傷がつく原因とは

query_builder 2024/01/05
コラム
59

車をきれいにするために洗車をしたのに、車に傷がついてしまいかえって見栄えが悪くなってしまうことがあります。
これは洗車の仕方が間違っているのかもしれません。
そこで今回は、洗車で車に傷がつく原因をみていきましょう。

▼洗車で車に傷がつく原因
ではさっそく、洗車で車に傷がつく原因をご紹介しましょう。

■車についた砂やゴミなどを落とさず洗車する
車に砂やゴミがついたまま車を擦ると、砂やゴミにより傷がついてしまいます。
まずは水で車についた砂などを洗い流してから洗車を始めましょう。

■ゴシゴシ擦る
いくらやわらかい布やスポンジを使っていても、強い力でゴシゴシ擦ると、傷がついてしまうことがあります。
やわらかいスポンジや布を使い、優しく洗うようにしましょう。

■炎天下での洗車
炎天下で洗車をすると洗っているうちに水分が蒸発してしまい、それにより傷がついてしまうことがあります。
また車の塗装は温度が高いと柔らかくなるため、傷がつきやすい状態となります。

■風の強い日に洗車する
風の強い日に洗車をすると、せっかく事前に砂などを洗い流しでも洗車の最中に再び付着してしまい傷の原因となることがあります。

▼まとめ
洗車をする際は、いくつかの注意点を守らないと傷がついてしまうことがあります。
それでも傷がついてしまったときは、専門の業者にリペアを依頼しましょう。
当店は、丁寧な施工をを心掛けておりますので、安心してご依頼ください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • 塗装の経年劣化について

    query_builder 2024/07/05
  • 車に関するトラブルについて

    query_builder 2024/06/03
  • 車両保険の請求の流れについて

    query_builder 2024/05/01
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE