塗装の経年劣化について

query_builder 2024/07/05
コラム
65

車の塗装は、時間とともに劣化していきます。
綺麗な状態を保つためには、日頃からのメンテナンスが必要ですね。
メンテナンスを怠ると、手の施しようが無くなるかもしれません。
今回は、塗装の経年劣化について解説します。

▼塗装が経年劣化する原因と対処法
車の塗装がどうして経年劣化するのか知らない方も多いのではないでしょうか。
早速ですが、車の塗装が経年劣化する原因と対処法をいくつか紹介します。

■紫外線
紫外線が車に当たると、塗装の色素を破壊し、経年劣化を促進させます。
結果、艶が無くなり、見た目が悪くなってしまうのです。
紫外線が当たりにくい場所に車を保管するようにしましょう。
保管場所を確保するのが難しい場合、カバーやカーポートを利用するのも選択肢に挙げられます。

■鳥の糞
ボンネットなどに鳥の糞が付いていると、酸性の消化液により、塗装が溶けてしまいます。
できる限り早めに洗って、鳥の糞を落とすことが大切ですね。

■水垢
雨や洗車をした後、ボンネットが白くなっている方もいるのではないでしょうか。
水に含まれているミネラルが車を白くさせる原因ですね。
場合によっては、車が凹んでしまうかもしれません。

■鉄紛
場所によっては、鉄紛が飛んできて、車に付着してしまいます。
放置し続けていると、車が錆びつきますね。
専用のクリーナーを使って鉄紛を落とす必要がありますよ。

▼まとめ
紫外線や鳥の糞など、車の塗装が経年劣化する原因は、数多く存在します。
紫外線の当たりにくい場所に保管するのはもちろん、洗車などを行い、綺麗な状態を保ちましょう。
「株式会社ボディーショップK」では、車の板金塗装を行っています。
車の塗装について悩みを抱えている方は、気軽にご相談ください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2021/11/02
  • 塗装の経年劣化について

    query_builder 2024/07/05
  • 車に関するトラブルについて

    query_builder 2024/06/03
  • 車両保険の請求の流れについて

    query_builder 2024/05/01
  • フロントガラスに傷がついたときの対処法

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE